黒汁 成分

黒汁ってどんな成分なの?ダイエット以外にどんな効果がある?

黒汁 成分

黒汁はメイン成分となっている3つの炭によって

 

・代謝をアップさせる

 

・体の巡りを良くする

 

こういった良いサイクルに体を持っていきながら、痩せやすい体へと
導いてくれるドリンクになっています。

 

 

リリース依頼、モデルやタレントなど多くの芸能人がSNSでもいっせいに発信したことで
かなり品薄状態にまでなってしまった黒汁ですが、
ダイエット以外にはどんな効果が期待できるのでしょうか?

 

まとめていきますので、これから黒汁を試そうかと検討されている方は
ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

まず、黒汁にはダイエット効果を高めるために黒ジャバラという成分が
使われています。
もともと、ジャバラとは「邪気を払う」というのが名前の由来なんですが、
縁起の良い食材ということで古くから重宝されてきました。
黒汁で使われているように、発行・熟成させることによって抗酸化作用や抗アレルギー作用を
向上させると言われていますので、アレルギー改善にも高い効果が期待されています。

 

 

次に、黒汁では黒大豆きな粉を成分に使っています。
この成分ですが、北海道産なので安心できるというのも大きなメリット。
そして豊富なポリフェノールが含まれているので、内臓脂肪の蓄積を抑制する効果が期待されています。
また、抑制だけでなく、内蔵脂肪を燃焼させるパワーもあるとされています。
よくダイエットというと、どうしても短期的に体重を落とすことに目がいってしまいがちですが、
しっかり内蔵脂肪を落とすことによって、より健康で病気になりにくい体をつくることもできます。
黒汁が「体の内側からキレイに」と言われているのは、このためなんですね。

 

他にも、黒汁には黒酢が成分として使われています。以前、黒酢ダイエットというものが流行りましたが、
これもしっかりと理由があるんです。
そもそも黒酢には、血液をサラサラにする効果があったり、疲労回復効果もあるとされています。
特に現代人はストレスや仕事などで疲れやすい毎日を送っている人が多いですが、
そんな場合にもパワフルで健康的な生活をサポートしてくれる成分なんですね。

 

他にも、冷え性改善に効果があると言われている黒にんにくや、善玉コレステロールを増やしてくれることで
お通じ改善効果が期待されている黒チアシードなど。

 

ただ痩せるための成分でなく、しっかり健康的に痩せるための成分が
豊富に配合されているのが、黒汁なんですね。

 

>>黒汁の詳しい成分は公式サイトで確認できます